FC2ブログ
”匂いフェチ”の館
女性崇拝+”匂い・分泌物フェチ”


プロフィール

シロ

Author:シロ
”匂いフェチ”の館 にお越し頂きましてありがとうございます。このブログは、美しい女性を崇拝し、その芳しい”匂い”に魅せられ、女性の「忠犬」「舐め犬」として生きることを渇望している私「シロ」の夢想的ブログです。性的描写がありますので、18歳未満の未成年の方はご遠慮願います。よろしくお願いいたしますm(__)m



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



★一覧で見れますよぉ★

☆いろいろあるからぜひ見てね☆

全ての記事を表示する

   ↑ これをクリック♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妄想(奴隷―犬) (3)

 腕に力が入らない。 肉体的限界。 もうダメだ・・・・・。                                           と観念した瞬間、S女様がシャンパンを注ぎに立ち上がった。                                        「シロ、おまえも喉乾いただろ?」                                                      そう仰られ、シャンパンを口に含むと、私の口に垂らして下さった。                                              

「飴と鞭」  気まぐれな意思に心が翻弄される。                                                S女様の唾液の混じった特製シャンパン!                                                  目を瞑って味わう。

「大きく口を開けて上を向く!」                                                          突然のご命令。                                                                   意図が把握出来ないまま、ともかく、その姿勢を取る。                                           親鳥からの餌を待つ小鳥のように大きく口を開けた私を満足気に眺めると                                 髪を掴み、頭を引き寄せ、私の口にぴったりと自らの秘部をあてがわれようとする。                         放尿されようとしているのだ!                                                           意図を察知し、私は、S女様が口中に出しやすいように                                           また、溢さず受け止めれるように、                                                          体をさらに小さく屈めて                                                                その瞬間を待った。


[READ MORE...]

妄想(奴隷―犬) (2)
 「早く舐めなさい!」                                                                   お叱りの言葉が飛ぶ!                                                                 感激に浸っている場合ではない。 しっかりと、自分の役目を果たさなくては・・・。                              舌奉仕を開始した。                                                              花弁全体を優しく円を描くように唇で愛撫した。                                                 唇の愛撫から、舌先の愛撫に切り替え、クリトリスに舌先が触れた時には                             蜜壺は愛液で溢れていた。                                                               溢れ出す愛液を舌で掬いながら、優しくクリトリスの愛撫を続けた。                                     小一時間程、奉仕が続いた。                                                         「喉が渇いた。シロ、飲み物持ってきなさい!」                                                     ようやく、後ろ手の拘束を解かれシャンパンを取る。                                               ベッドに戻ろうとすると・・・すぐ後ろにS女様がおられた。                                           一言! 「椅子!」                                                                  「はい。」  四つん這いになる。                                                            「違う! 椅子!」                                                                「・・・?・・・あっ!」                                                             慌てて、正座をして後手を付き、顎を引き顔を上に向ける。                                         S女様は満足したお顔。                                                            「座り心地いいかなぁ?」                                                             唇をなぞりながら無邪気に仰られる。                                                    まるで、家具屋で愛用の椅子を選んでいるみたいだ・・・と思いつつ                                     無性に誇らしい気持ちが湧き起こってくる。                                                   座り心地よくなって頂こうと・・・さらに顔を上げた。
[READ MORE...]

妄想(奴隷―犬) (1)

「私の中には、私でさえ分からない深い闇がある。付いてこれるの?」                             S女様は毅然とした態度で私の目を見て仰られた。                                             「はい。」                                                                          「どれ程過酷であるか? 私にも分からない・・・。本当に?」                                     私は、一瞬言葉を飲み込んだ。                                                       奴隷になる・・・犬になる・・・要は、この目の前の女性の前では人間を捨てるということだ。                          私も経験が決して浅い方ではない。SMといっても、過酷な奴隷の例は実在する。                       S女様の闇の深さは、今は分からない。                                                   本当に自分はこの方の深い闇を受け止められるのか?                                         S女様と目が合った。                                                                刹那の逡巡の後、きっぱりと返事をした。                                                  「はい。 よろしくお願い致します。」                                                           やはり、この方を失うことは、どんな苦痛よりも大きいことだと悟ったからだ。                                 私は、全てを捨てる覚悟で、S女様による「絶対的な支配」の道を選んだ。


[READ MORE...]

”使用済み下着” 讃歌

貴女様が着用した下着を前にして                                             ほのかに漂ってくる匂いが                                                  甘く私の心を揺るがす                                                      両手で押し抱き  そっと開いて                                               匂いの源泉                                                             神聖なる部分に顔を埋める                                                   ほのかな匂いは強さを増し                                                      私の心を溶かし  体の力を奪ってゆく                

この花の蜜のような匂いは                                                       私の感情を超えている                                                        危険な誘惑に満ちている                                                    貴女様は教えてくれる                                                       私の幸福は                                                           この”匂い”の中にしかないことを    

やがて全ての思考がかき消され                                                  存在の全てが匂いの靄に                                                       飲み込まれてゆく                                                         靄の中に凛とした佇まいの貴女様が                                            絶対的な存在として                                                          私を支配する                                                            尊敬、畏敬、崇拝そして・・・安堵                                                全ての感情を持って                                                          私は貴女様の足下にひれ伏し                                                   再び、匂いの源泉に顔を埋める                   

この甘く優しい匂いは                                                      私の意思を超えている                                                            従属の歓びに満ちている                                                   貴女様は教えてくれる                                                    私の存在は                                                             貴女様の”支配”の中にしかないことを



リハビリ(4)

普通のSEX、射精で満足できると”幸せだろうなぁ~”と感じる瞬間は・・・たまにある。                                                       アブノーマルな行為というのは、潜在的にすごく大きなエネルギーを持っているような気がする。                    (ちなみに、「何がアブノーマルなのか?」 「アブノーマルの定義?」といった本質的、哲学的な命題には・・・                     ここでは触れません。アシカラズ)                             


[READ MORE...]

リハビリ(3)

先の(願望イメージ画像)・・・何か違うと感じた。。。                                              なんか違和感がある。。。                                                           んっ~~???                                                                  そうだ! 尻尾がないんだぁ!                                                                 

   願望04-1                                                           (画像に落書きして・・・スミマセン)                                                                                                                                    

んーっ~???                                                               これも・・・でも、なんだか少しイメージが違う。。。                                              あっ! そうか!                                                                    

    願望04-2

                                                                                 そうそう! これ! これ!                                                            やっぱ、尻尾はこうでなくっちゃね!                                                   でも、物理的に・・・”くるん”と巻くって、難しいんだよねぇ(^^;                                                   どうしても、ダランと垂れ下がってしまう(涙)                                             でも、シロは”くるん”と巻く尻尾が欲しい!                

どなたか・・・お知恵拝借m(__)m



リハビリ(2)

イヤイヤ、全然、生まれかわってなかったです。脱皮してないって・・・(笑)                                      ようやく・・・回復すると、まずは、フェチしたくなった(^^;  病気! ハァッー                               「鬱病」が「フェチ病」になっただけ?             

それにしても・・・久しぶりに道具(リード、首輪、尻尾、鞭・・・等々)を床に並べ                             アルコール消毒をしながら・・・ふと思った。                                                       「俺も因果な性癖を抱え込んでしまったなぁ・・・(^^;」  

        04.jpg
         (願望イメージ画像)


[READ MORE...]

リハビリ(1)

一昨年秋、仕事環境での激変があり、それが引き金になって軽い「鬱病」になった。                                 体が重く、出社出来ない日もあった・・・考えることが出来なくなった。                                  記憶することが出来なくなっちゃったんですよねぇ(^^;                                          何をする気も起らない。。。                                                           首輪や鞭の整理も・・・女神様方から頂いた使用済みパ○ティをクンクンする気も起らない!                        カナリジュウショウ!                                                                   頭の中に"膜"が張られた感じで、人の名前、話番号も覚えられない。                                            なんというか・・・頭に定着しないのです。                                                  鬱+若年性アルツハイマーかな? とか"ぼんやり"考えたりしていた。


[READ MORE...]

お尻だって舐めて欲しい♪

久し振りにブログを書き始めると、どうしてもパソコンの前に座る時間が増える。                               椅子に座る時、少し斜めに座る癖が身に付いてしまっている。                                    右の尻たぶで座り・・・しばらくすると左の尻たぶで座る(^^;                                       理由は? ・・・今はもう完治したのだが・・・・・ "痔" キタナイハナシデスミマセン。。。                                 昨年の秋、アナルに若干の痛み、違和感を覚えた。                                                 恐る恐る、自ら触診してみると・・・入口付近に小さなイボがある(><)                                      豆粒程の大きさ。                                                                   おっ! これでようやくオレも痔主かぁ! と言い古されたオヤジギャグを思い浮かべながら・・・感無量。          その日から、薬剤塗布とウォッ○ュレット(=シャ○ートイレ) の日々が始まった。


[READ MORE...]

元気ですかぁ!! 

元気があれば・・・"聖水"も飲める!(^^)          飲んでますかぁ!!  ハッハッハ!                               

ということで、元気よく再開致します♪ イツマデツヅクヤラ(^^;                        

久しぶりの更新初めは・・・初心に戻る意味で・・・やはり、ここから!!                   こういう”犬”に私はなりたい(Ⅱ)                                    

小春びより・・・春の暖かな日差しを受けたリビング                  ソファーに横になってくつろいでおられる女神様の足下に              犬として・・・鎖で繋がれた・・・全裸に首輪と尻尾だけの私              女神様は・・・あくまでマイペース                              私の存在は無視して・・・くつろいで読書                          指示は・・・全て乗馬鞭                                  床を叩いて、”お茶”・・・ミルクティを用意する                       手をコンコンと叩く・・・マッサージの合図                           頭をコンコンと叩く・・・顔面騎乗のご要望                        顎をコンコンと叩く・・・ク○ニ、ア○ル舐めの指示                    30分でも1時間でも・・・女神様のご意向のままに舌奉仕は続く            女神様は・・・・なにごともないように音楽を愉しみながら・・・読書          突然! 乗馬鞭が・・・”背中”をコンコン・・・”聖水”の合図                   あわてて、女神様の秘所を口で受ける・・・拝受の用意                   「こぼさないこと・・・♪」                                   はじめて、私に向かって・・・麗しいお言葉が                      女神様のお言葉は・・・あくまで、優しく・・・優雅                    聖なる水を飲ませて頂いた後は・・・舌で後始末                      女神様は・・・本を閉じ・・・目を瞑り、しばし休息                        くつろいだ、満足そうな横顔                                  優しい時間が流れる                                        こういう”犬”に・・・私はなりたい 

       mainimg_cn105.jpg         

それにしても・・・このワンちゃん(右の黒い子)                           私にそっくり(^^)



Yu女王様の場合Ⅱ-(4)

Yu女王様はうつ伏せになられアナルへの舌奉仕を命じられた。
腕を枕にして眠るような形でリラックスされている♪
アナルへの奉仕は、まず全体の匂いを嗅がせて頂き、周辺部から舐め奉仕を開始した。
アナルに舌を挿し入れる瞬間もやはり「ゆっくり」を意識する。
痛みを伴うような、失礼な真似は出来ない。
ゆっくり挿入させて頂き、アナル内部の清掃を開始した。


[READ MORE...]

Yu女王様の場合Ⅱ-(3)
「いつまで匂ってるの! 早く奉仕しなさい!」
「はい、すみません。」
慌てて、舌奉仕を開始した。
まず、花弁全体を優しく円を描くように唇で愛撫した。いきなり強い刺激を与えるより、優しい
刺激で慣らして頂こうという思いであった。
唇の愛撫から、舌先の愛撫に切り替え、序々に半径を小さくしていき、クリトリスに舌先が
触れた時には、蜜壺は愛液で溢れている状態であった。
溢れ出す愛液を舌で掬い舐めながら、クリトリスの愛撫を続けた。

[READ MORE...]

Yu女王様の場合Ⅱ-(2)

・・・ご無沙汰です(^^;  いろいろありましたが・・・なんとか生きてます(苦笑) ガンバラナクチャ                        ツヅキですm(__)m                                                                 リードを持って頂きながら室内を散歩した。                                             首輪を引っ張られる感覚が心地いい。
歩みが遅い、方向が違う時には、容赦なくお尻、背中に乗馬鞭が飛んできた。
こういう時のYu女王様には手加減がない!                                                  だが、その妥協を許さない威厳が魅力である。
飼い主の意図を明確に伝えようとする意思が感じられる。
「私が主人なのだ!」と。。。



[READ MORE...]

Yu女王様の場合Ⅱ-(1)

Yu女王様とのプレイは、本当に久しぶりであった。                                 岡山-神奈川という距離的な問題もあるが、なにより忙しかった! 精神的に参っていた!          ただ、精神が疲弊すると、それに比例して「舐め犬願望」が高まってくる(^^;                      因果な性癖である。。。                                                                    6月下旬、東京出張の際に時間を都合して会って頂いた(^^)                                   夕方、横浜の雑踏の中で待ち合わせした。 久しぶりにお会いできる喜びに胸が膨らんだ。                     近況を報告しながらラブホテルに歩を進めた。                                                「最近、ブログ止まってるね。」 ちゃんと見ていて下さってるのが嬉しい♪ ガンバラなくちゃと思う。                        ホテルに入り、まず土下座をして挨拶をした。 靴先にキスをした。                                      久しぶりに被虐の興奮が高まってくる。                                                     「今日はどうしようかねぇ。」 Yu女王様が呟くように仰った。                                           「Yu女王様のお好きなようになさって下さい。ご褒美として犬として奉仕させて頂ければ幸せです。」                   「そんなに犬になりたいの?」                                                             「はい、女性様の舐め犬として奉仕させて頂くのが夢です。」                                             そうして、私は、持参した首輪、リードそして尻尾を見せた。                                            「シャワーを浴びて、舐め犬の正装になってきなさい!」                                                   命令を受けて、失礼の無いように体を清めた。                                                     お尻に尻尾を付け、四つん這いでYu女王様の前に這ってゆき再度挨拶をした。                                                       


   20070705012226.jpg      20070705012249.jpg
                                                                      首輪を付けて下さり、リードを引っ張られた瞬間、自分がYu女王様の犬になったことを自覚した。              幸福感が込み上げてきた。                                                        


*Yu女王様:せっかく撮って頂いた画像がミスってしまいました。イメージ画像です。ごめんなさい。                   



「パンティライナー考」
パンティライナーというものがある。 和名「おりものシート」。                                                             説明の必要はなかろう・・・優れものである。                                                    ネット繋がりのフェチさんの話を聞いても、愛好者は多い。                                       私も随分以前から・・・興味はあったが、なかなか入手できる機会がなかった。
                                                                           数年前、ネットで知り合ったフェチに理解のある女性様から頂いたことがある。                                   もちろん、その女性様の「使用済み」・・・というか「使用中」のものであった。
兵庫在住の当時25歳の女性様。                                                             メールでいろいろと話をさせて頂いて「安心できそう」との評価を受け会って頂けることになった。

[READ MORE...]

「フェチの対象」

暖かくなってきました。 暑くなると・・・女性様の体臭も強くなる(^^)                                   これからが、まさに「匂いフェチ」の季節!
ところで「匂いフェチ」といってもいろいろあるのです♪                                                     頭髪の匂い、脇の下の匂いそして女性様自身の匂いに惹かれる方・・・云々。。。                                  女性様自身の匂いに惹かれる方は、(いつでも好きな時に、女性様の匂いを                     クンクンできる男は少ないという理由から・・・)その代用品である「使用済み下着」を好む              ケースが多い。  


[READ MORE...]

「電マの威力」

右腕の捻挫もほぼ治癒し、ようやくパソコンの前に向かえるようになった。                                  パソコンは、当初、「ポツポツ」と雨垂れのようにキーを打っていたのだが、                            かえってストレスが溜まるのでやめてしまった。                                                      ブログも開店休業(^^;                                                              なんだかんだで大変でした・・・。                                                          もちろんプレイもできない。                                                             大体、土下座、四つん這いもできないのでは、商売?あがったり(笑)                                      やはり、健康が一番です。                                                            S女様もM男さんも・・・皆様、体にはお気をつけて下さいね。                                                        


[READ MORE...]

「中年犬の呟き(2)」

「老いる」ということは「成熟」するということでもある。
もちろん、運動能力の低下等、大きな負の部分もある。                                           だが、経験や知識は豊富になり自分を制御する能力を見につけるチャンスも増える。
「枯れる」という言い方もあるが、「制御」しているとも言える。



[READ MORE...]

「中年犬の呟き(1)」
「犬」シリーズの・・・第2弾ということで(^^;                                                     うちのシロは9歳。人間で言えば50歳くらいだろうか?                                                        私は、現在40代半ばなので、私より少し「年上」・・・という感じかなぁ?                                 シロの「犬人生」を思い起こしてみた。                                                         若い時は、呼んでも来ない、イタズラばかりで、相当、飼い主の私を困らせたものだ。                   机の上に置いていた高価な本皮の財布をオモチャにして、噛んでグチャグチャに                         した時のショックは、今も忘れられない(^^;
[READ MORE...]

「シロの休日(2)」

「陰干しの間、一本鞭を調べてみよう!」と思い立って、パソコンの前に座る。
おとなのおもちゃのサイトを幾つか転々とした後、ついに一本鞭を買ってしまった(苦笑)
完全に衝動買い! 耐えれるのかなぁ? イヤ、それ以前に、使う機会があるのかなぁ? 
よく分からないが、ともかく買ってしまった(^^;
人間、暇があるとろくな事を考えない・・・という典型例である。


[READ MORE...]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。