FC2ブログ
”匂いフェチ”の館
女性崇拝+”匂い・分泌物フェチ”


プロフィール

シロ

Author:シロ
”匂いフェチ”の館 にお越し頂きましてありがとうございます。このブログは、美しい女性を崇拝し、その芳しい”匂い”に魅せられ、女性の「忠犬」「舐め犬」として生きることを渇望している私「シロ」の夢想的ブログです。性的描写がありますので、18歳未満の未成年の方はご遠慮願います。よろしくお願いいたしますm(__)m



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



★一覧で見れますよぉ★

☆いろいろあるからぜひ見てね☆

全ての記事を表示する

   ↑ これをクリック♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


S女神様とのひとときⅡ-(1)
■当初、私はS女神様の前では人間ではなく犬、否それ以下の家畜になることを夢見ていた。
 S女神様によって、新しい自分が引き出されていっているような気がする。


土曜日の夜、4回目の逢瀬のお時間を頂けた。
ホテルの一室で、優しい瞳で私の顔を見詰め・・・第一声。

「お利口にしていた?」

私は、変わってしまったのだろうか?
実は、この母性を感じる雰囲気と言葉に心が揺れ動くのだ。

何故か、S女神様の前では”母性”を感じ、愛玩犬のように甘えたくなってしまう。
これは、今までに感じたことのない感覚である。
すぐさま足元に縋りつき、犬のように頬を擦り寄せたい衝動を抑え近況等を話し始めた。
「暑いから、一服するね。」
私の話を聞きながら、ソファーに腰掛け、ミネラルウォーターを一口。
「もう汗でベトベト。 どんな匂いがするんだろうね?」
「んっ? シロ、どう思う?」
ドキッとするような質問。

そうなのだ! 今日は、初めて女神様の”匂い”を頂ける 記念すべき日。
汗でベトベト・・・この言葉だけで、フェチ心が刺激される。
興奮と動揺を押し殺す。
 「今日は、約束通り、昨日の夜からお風呂に入ってないのよ。」
「どこの匂いが一番好き?」
匂いフェチの頭を混乱させるような質問と発言が相次ぐ。

おそらく、この時の私は、好物を前におあずけを食らって、
芸を強いられている哀れな犬のような顔だったと思う。
少し微笑まれた女神様。
「シャワーに入ってらっしゃい。」 

     11112.jpg       11111.jpg
  
シャワーから戻ると、女神様はソファーで寛いでおられた。
私は、後のウェット&メッシープレイの準備を済ませると、女神様の足元に跪いた。
頭を優しく撫でてくださり、引き寄せられる。
「上を向いて。」

見上げると、唾液が糸を引いて落ちてきているではないか。
頭は女神様の手で固定されているため、慌てて舌を伸ばして受け止めようとする。
「舌を伸ばして、零さないように、しっかり受けとめなさい。」
幾度も、幾度も・・・唾液が垂れてくる。

母鳥から餌をもらう雛鳥のようだ・・・満ち足りた気持ちになった。
                                             ツヅク

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://namesiro.blog55.fc2.com/tb.php/124-b0f5aa0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。