FC2ブログ
”匂いフェチ”の館
女性崇拝+”匂い・分泌物フェチ”


プロフィール

シロ

Author:シロ
”匂いフェチ”の館 にお越し頂きましてありがとうございます。このブログは、美しい女性を崇拝し、その芳しい”匂い”に魅せられ、女性の「忠犬」「舐め犬」として生きることを渇望している私「シロ」の夢想的ブログです。性的描写がありますので、18歳未満の未成年の方はご遠慮願います。よろしくお願いいたしますm(__)m



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



★一覧で見れますよぉ★

☆いろいろあるからぜひ見てね☆

全ての記事を表示する

   ↑ これをクリック♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「忠犬シロ」 (2)
「シロ」という愛犬がいる。
11歳を過ぎているから、老犬と言ってよいのだろうか?
ずっと庭で飼ってきたのだが、年をとって可哀そう                                         ということで室内で飼うことになった。
日中は庭、夜は室内だから・・・「半室内犬」といったところか?

先週の17日の日曜日・・・とある理由から、シロを観察しようと思い立った。

できるだけ、自然な状態のシロを見たかったので                                            門扉に隠れて見たり 倉庫の陰から見たり                                                 いろいろ試みてみたが・・・ダメであった。                                                  すぐに見つけては                                                                嬉しそうに笑いながら尻尾を振って近づいてくる。                                            シロが笑うのは、以前のブログ「忠犬シロ」でも書いた通りである。                                    本当に笑っているのである。                                                          つられて、こちらも笑ってしまう。                                                    追っ払って別の場所に隠れても同じ。                                                      やはり、見つけては、笑いながら寄ってくる。                                                   まるで、鬼ごっこをしているようなものだ。                                                    「お前と遊んでいる訳ではないのだよ。」                                              悲しげな顔で去ってゆく。                                                             愛らしい。

室内でも同じだ。 私の後をくっついて離れない。                                              ソファーで横になっていると、その下に来て伏せをする。                                        歯を磨くと、横に来てお座りをする。                                                      風呂、トイレも同じだ。扉の前でお座りをしている。                                              主人が側に居ないと不安なのだろうか?                                                      「お前はえらいね。」 頭を撫でてやる。                                                     誇らしげな顔で見つめる。                                                            やはり、愛らしい。

犬の愛らしさは、この性格に由来するところであろう。                                          容姿や仕草の愛らしさは、猫に及ばないのかも知れないが                                      この”無垢の信頼、忠誠”は驚嘆に値する。                                                   「まだまだ、こいつから学ぶべき点は多い。」                                                感慨にふけるシロ(私)であった。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

この記事に対するコメント
Cecilie様
コメントありがとうございます。

「二匹合わせて」というお言葉が、なんとも嬉しいです(^^) 犬扱いして下さって、ありがとうございます。

そうなんですよね! まさに「媚ではない・・・」ところに本質があるのかも知れませんね♪
【2009/05/27 00:11】 URL | シロ #JuNzg3q6[ 編集]


いい大人が犬を相手に真剣に‥それだけでも滑稽だのに、さらには鬼ごっこのようになってしまうその戯れ‥二匹合わせて何とも愉快で愛らしい光景ですわ(笑)

「まだまだ、こいつから学ぶべき点は多い。」 笑
媚ではないかわいらしさが共感を誘いますね。
【2009/05/26 21:22】 URL | cecilie #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://namesiro.blog55.fc2.com/tb.php/116-f18fba1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。