FC2ブログ
”匂いフェチ”の館
女性崇拝+”匂い・分泌物フェチ”


プロフィール

シロ

Author:シロ
”匂いフェチ”の館 にお越し頂きましてありがとうございます。このブログは、美しい女性を崇拝し、その芳しい”匂い”に魅せられ、女性の「忠犬」「舐め犬」として生きることを渇望している私「シロ」の夢想的ブログです。性的描写がありますので、18歳未満の未成年の方はご遠慮願います。よろしくお願いいたしますm(__)m



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



★一覧で見れますよぉ★

☆いろいろあるからぜひ見てね☆

全ての記事を表示する

   ↑ これをクリック♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yu女王様の場合Ⅱ-(1)

Yu女王様とのプレイは、本当に久しぶりであった。                                 岡山-神奈川という距離的な問題もあるが、なにより忙しかった! 精神的に参っていた!          ただ、精神が疲弊すると、それに比例して「舐め犬願望」が高まってくる(^^;                      因果な性癖である。。。                                                                    6月下旬、東京出張の際に時間を都合して会って頂いた(^^)                                   夕方、横浜の雑踏の中で待ち合わせした。 久しぶりにお会いできる喜びに胸が膨らんだ。                     近況を報告しながらラブホテルに歩を進めた。                                                「最近、ブログ止まってるね。」 ちゃんと見ていて下さってるのが嬉しい♪ ガンバラなくちゃと思う。                        ホテルに入り、まず土下座をして挨拶をした。 靴先にキスをした。                                      久しぶりに被虐の興奮が高まってくる。                                                     「今日はどうしようかねぇ。」 Yu女王様が呟くように仰った。                                           「Yu女王様のお好きなようになさって下さい。ご褒美として犬として奉仕させて頂ければ幸せです。」                   「そんなに犬になりたいの?」                                                             「はい、女性様の舐め犬として奉仕させて頂くのが夢です。」                                             そうして、私は、持参した首輪、リードそして尻尾を見せた。                                            「シャワーを浴びて、舐め犬の正装になってきなさい!」                                                   命令を受けて、失礼の無いように体を清めた。                                                     お尻に尻尾を付け、四つん這いでYu女王様の前に這ってゆき再度挨拶をした。                                                       


   20070705012226.jpg      20070705012249.jpg
                                                                      首輪を付けて下さり、リードを引っ張られた瞬間、自分がYu女王様の犬になったことを自覚した。              幸福感が込み上げてきた。                                                        


*Yu女王様:せっかく撮って頂いた画像がミスってしまいました。イメージ画像です。ごめんなさい。                   


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。