FC2ブログ
”匂いフェチ”の館
女性崇拝+”匂い・分泌物フェチ”


プロフィール

シロ

Author:シロ
”匂いフェチ”の館 にお越し頂きましてありがとうございます。このブログは、美しい女性を崇拝し、その芳しい”匂い”に魅せられ、女性の「忠犬」「舐め犬」として生きることを渇望している私「シロ」の夢想的ブログです。性的描写がありますので、18歳未満の未成年の方はご遠慮願います。よろしくお願いいたしますm(__)m



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



★一覧で見れますよぉ★

☆いろいろあるからぜひ見てね☆

全ての記事を表示する

   ↑ これをクリック♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖水拝受「プロジェクト×」

乏しい経験からして、頂きにくい聖水は、プレイ最初の1回目の味の濃ーい聖水m(_ _)m                                    飲んだことは、ありませんが・・・多分、朝寝起きの聖水も・・・この状態だと思います。                                     かなり、 頂きにくい・・・と想像されます。。。                                                       また、女神様がビールを飲まれた後、ドリンク剤を飲まれた後・・・かなり苦しいです(><)                        ちなみに”白ワイン”を飲まれた後の聖水は・・・飲み易いと聞いたことがありますが?                         どなたか・・・ご存知でしょうか??・                                                              反対に、頂きやすいのは・・・プレイ中の水分補給をされながらの聖水♪                                                これは独特の匂いはありますが、味が薄く、何とか頂けるようになりつつある \(^-^)/                                 頂きにくい聖水・・・というのは、私の場合、ほとんど”塩っ辛い”聖水のこと♪                                       今まで・・・頂いた中で・・・最も頂きにくいのは、海水をはるかに超えてると感じる・・・                                     塩っ辛いものがありましたぁ(^^;                                                                    おしっこの独特の”匂い”と相俟って・・・非常に、飲みにくくなります(゜゜;)                                                      聖水を・・・スポーツドリンク感覚で、ゴクゴクと妄想してる・・・そこの君!                                               そんな甘いもんじゃ・・・ないっすよぉ♪                                                                    しかし! Mたるもの女神様の排出なさるものは、ありがたく頂けるようにならなくてはいけない!                                再び、大きな壁に直面した「シロ」は・・・考えました  (~ヘ~;)                                                 ウーン”・・・慣れるしかない・・・!”                                                                          そうなんです♪ これは、味覚の問題! 理論の問題ではありません。。。                                            そして・・・シロの挑戦は始まりました!                                                                      名づけて「プロジェクト×」・・・風の中のすぅばぁるぅ~♪・・・砂の中のぎんがぁ・・・♪・・・)                                   「プロジェクト エックス」・・・でなく「プロジェクト バツ」ですよ・・・(^^;                                             まず、500mlペットボトルを用意(・・・また、ペットボトルかよぉ f(^_^; )                                             そこに・・・日本茶+塩スプーン3杯+隠し味として、お酢を少々入れ・・・よく攪拌する。                                         ・・・別に、料理紹介をするつもりはありませんm(__)m                                                        実は・・・これが! 味的に、女神様方の聖水様と、結構、味が似ているのですよぉ(^^)                                   もちろん、あの聖水独特の”いがらっぽい”何とも言えない”匂い”というか?”香り”というか?                                    は再現出来ません m( _ _ )m                                                                      でも、特訓の中でそれを再現しようと思えば・・・あーた、自分のを飲尿するしかないでしょ。                でも、あーた。。。それは、やっぱ・・・最後の手段でしょ。                                                        自分のおしっこ・・・飲めます???                                                                 おしっこなんて・・・飲むもんじゃないでしょ(`ヘ´#)   体を壊しますよ!                                          何? 女神様のおしっこを飲んでる?                                                           女神様のおしっこは・・・「聖水」! 「せーいーすーい」!                                                        おしっことは、似て非なるもの。。。 本質的に違うものです( ̄^ ̄)                                                話を元に戻しましょう・・・その”擬似聖水”を・・・一気にラッパ飲みする!                                             味わってはダメ! ちょうど、自分が「配水管」になったイメージで・・・喉に流し込む・・・。                                      この特訓によって・・・スムーズに頂けるようになると・・・私は、信じています。                                                  んっ? 塩分の取りすぎ?そりゃ、成功のためには・・・多少のリスクは必要!                                            私は、腕立て、腹筋等の運動によって・・・そのリスクを軽減しています。                                              体を鍛えることによって・・・女神様の椅子になっても・・・耐えられる!                                              (・・・なんて、健気な「シロ」なんでしょ♪・・・)                                                                  それでも・・・いざ、聖水を頂くと・・・「うっぷっ」「げほっ」となってしまう(涙)                                           飲めきれません・・・・(涙)                                                                     「聖水拝受」は、奥が深いものです。。。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

「聖水流量制御理論」

聖水を頂く際・・・口を大きく開いて、上を向き・・・女神様の股間に口を添える。                                   当然、聖水が流れこんでいる間・・・口を閉じることは、許されない!                                       しかし、”モノ”を飲み込む時は、口を閉じて、舌を使って喉に送り込む作業が必要となる。


”口を開けたまま飲み込んでいく” ・・・慣れないと、なかなか難しいことなんですよ(^^)                   しかも、一般に・・・女神様方の排出のスピードは半端ではない(^^;                               我々が飲み込むスピードをはるかに凌駕している!!                                                かといって、まさか、女神様に「Please more slowly!」なんて大それたこと言えません!                結果・・・むせて、こぼして、鼻から逆流して、呼吸困難 w(゚o゚)w                                           よほどの「熟練者」でない限り・・・ゴクゴクと飲み干していくことはできません。                                    これが、現実です ( ^ ^ )( - - )( ^ ^ )( - - )ウンウン                                                Mとして大きな壁にぶち当たった「シロ」は・・・悩みました (~ヘ~;)ウーン


”せめて・・・口中に流れ込む聖水の流量を制御できないか?”                                               そこで・・・女神様の体内から排出される聖水の初期速度、重力加速度、空気抵抗から、口中に流入する時の速度を算出・・・かつ、膀胱の容積等から排出量を推定・・・腹圧等の補正を加え、その結果・・・聖水の流量制御理論を構築、論文化することに成功したのです \(o⌒∇⌒o)/ ワァイ                   論文名は「口中に流入する聖水の流量、流速制御に関する考察」                                              *この論文は、9月の流体力学会で発表予定です(笑)           


 ・・・とは言っても・・・「理論」が「理論」で終わっては・・・意味がない!                          理論を効果的に実践できる「具体的な方法」を提案することも・・・                                             科学者としての社会的使命! <(`^´)> エッヘン                                                         そこで考案(?)したのが・・・これ!


     20060315143702.jpg
「ペットボトル漏斗」 (ドラえもん風に読んで下さい(^O^))                                              「なんだ、ただの・・・ペットボトルじゃん!」・・・なんて、言わないの! そこの君!                                      これには・・・「聖水流量制御理論」のエキスが、詰まってるんだから・・・♪                                         これによって、聖水の口中への流量、流速が容易く、調整できるのだ <( ̄^ ̄)>                                  ・・・舌で・・・ヾ(@゜▽゜@)ノ  あはは~(^^;



"鞭にも負けず ロウにも負けず"

鞭にも負けず ロウにも負けず                                                 痛みにもロウの熱さにも負けぬ 丈夫な体を持ち                                         欲はなく 決して怒らず                                                   いつも静かに微笑んでいる                                                     一日に女神様の”聖水”と”唾”と少しの”残飯”を食べ                                     あらゆることを自分を勘定に入れずに                                          女神様の考えておられることを よく理解し                                        よく見 聞きし 分かり そして忘れず                                         女神様の傍の 小さな小屋にいて                                          ソファーでくつろいでおられたら 行って 足台となり                                    トイレを使用されれば 行って その後を舌で清め                                    ストレスが溜まっておられたら 行って 鞭の洗礼を受け                                女神様の お望みのままに ご奉仕する                                            女神様の喜びを 自分の喜びとし                                                                                              駄犬と呼ばれ ほめられもせず                                          しかし、苦にもされず                                                       そういう”犬”に 私はなりたい                    



Y女神様との”ひととき”Ⅲ (奉仕)

★足奉仕の後・・・
「雑誌を読みたぁーい♪」・・・ということになり・・・
その間、女神様の美しいお体の”匂い”を味あわせて頂くことが出来ました(^^)
今回も、お会いする前の日は、入浴を控えて下さってます。                                  (・・・ありがとうございますm(__)m) 


・・・ベッドに横になり・・・枕を”背もたれ”のようにして・・・くつろいでおられる                   女神様の足下に・・・平伏し・・・美しい股間に顔を埋めさせて頂きました。
若い女性が、2日間、体を洗っていないわけですから・・・
さすがに・・・濃厚な”香り”です \( ̄▽ ̄)/
・・・優しい女神様に心から”感謝” m(__)m                                                 
まずは・・・時間をかけて・・・隅々まで”匂い”を嗅ぎ取らせて頂きました。
花弁は、まさに女性特有の”匂い”・・・
恥毛は、それに・・・少し”おしっこ”が混じったような”匂い”・・・です
舐めてしまうと・・・私の汚い”唾”の臭いで汚染されてしまうので・・・
まずは、心ゆくまで・・・クンクン(^^)
そして・・・いよいよ・・・舌を這わせました。。。
花弁の縁を・・・優しく・・・心を込めて・・・舐めていきます。
舌に”恥垢”の感触が・・・・・もちろん、全て頂きますm(__)m
女神様の体内で生成されるもの・・・体内を通過したもの・・・は、
私にとって、全て”神聖”なものです。。。
・・・濃厚な”香り”の源である・・・蜜壺は・・・
白濁した”泡”のようなもので覆われ、ヌメヌメとした感じでした。
女神様の分泌液、体液です♪ まさに・・・エキスです \( ̄▽ ̄)/
花弁を拡げ・・・その”泡”を・・・舌で掬い取りました。。。
”ネットリ”と舌にまとわりついてきます。。。
こぼさないように・・・舌を少し早く動かして・・・蜜壺の掃除を始めました。
”泡”が綺麗になくなると・・・今度は膣の中のお手入れ♪
舌を、出切るだけ膣内深くに挿入し、中の分泌液を掻き出して・・・飲み込む
この作業をひたすら・・・繰り返しました。
「痛くはないですかぁ?」
「ううん、気持ちいいよ♪」 
「シロちゃん、上手だよ♪」
”ネットリ”とした舌の感触が、”少しサラッ”とした感触に変わってきました・・・   
女神様の愛液の感触(^^)                                                                                
愉しんで下さってる・・と思うと、嬉しくなります♪                                                                              


「今度は、後ろね♪」                                                                      
うつ伏せに横になられ・・・女神様が一言。
「はい」
ふくよかで美しいお尻に顔を埋め、香ばしいアナルの”匂い”をクンクン・・・
汗、女性特有の分泌物そしてかすかな黄金の”匂い”が交じり合った・・・
なんとも言えない”芳香”が・・・脳髄を刺激します(^^)
アナルの皺を1本1本、丁寧に舌でなぞった後・・・奥深くに舌を挿入しました。
「アナルを舐められる・・・ってどんな気分ですかぁ?」
舌を挿入しながら・・・質問してみました。
「うん、気持ちいいよ♪」               
雑誌をめくりながら・・・あまり関心なさそうに・・・(笑)
しかし・・・当たり前の・・・”日常”のような感覚で・・・
アナルを舐めさせたり・・・おしっこを飲ませたり・・・
自然に振舞う・・・Y女神様のそういうところに惹かれます(^^)


20060421232007.jpg 20060421232833.jpg 20060421232047.jpg
・・・ご奉仕の後は・・・女神様もお好きな「顔面騎乗」
それにしても、下から見上げる女神様の神々しさ! 
男のように・・・
股間に”みっともない”ものがぶらついているわけでもなく・・・・・
獣のように、毛むくじゃらでもなく・・・
ゴツゴツしているわけでもなく・・・
その曲線美、滑やかなお肌・・・・・とても、私と同じ人類とは思えない! 
女神様が人類とすれば・・・私はやはり・・・猿か犬でしょう!
・・・美しいお尻が・・・近づき・・・視覚が失われ・・・顔面を圧迫しました。
・・・顔全体が、柔らかいヌメッとした感触で覆われました。
この感覚は・・・まさに「胎内回帰」の感覚です。。。


「Y女神様に全てを支配されている」・・・
強い”悦び”と奇妙な”安心感”が体を突き抜けます。



Y女神様との”ひととき”Ⅲ

★4月10日                                                        いつものようにホテル近くの駅改札で待ち合わせ・・・d(⌒o⌒)b      
女神様の荷物をお持ちして・・・ホテルに入りました。
まずは・・・まったりとお話。。。
女神様は、この春から社会人♪ 
通勤、職場の人間関係・・いろいろと・・・大変そぉ(><)
シロでよければ・・・ストレスの”はけ口”に使って下さいねぇ~m(__)m
仕事帰りの女神様・・・
「おなかがすいたぁ~(><)」
ルームサービスで食事を頼み・・・テレビを見ながら食事・・・(^^)  
「おいしいぃ♪」
 (よかった・・・よかった・・・(^^)・・・)
その間、私はシャワーに入りました。
体を拭いて・・・女神様の下に戻ります・・・
「あぁ、おいしかった♪」
「シロ、残りあげるね♪」
やったぁ・・・女神様の残飯を頂けましたぁd(⌒o⌒)b
床に置かれた残飯を・・・犬のように食べていると・・・
・・・突然・・・
「おしっこ♪」
その一言で、私は、急いで・・・トイレになる用意をします。 
・・・しかし(^_^;)  ムードもへったくれもありませんね(笑)
当たり前の話ですが・・・聖水を頂くタイミングは・・・・・
私が飲みたい時でも、ましてや”ご褒美”・・・でもありません。
”女神様が出したい時”なんです。
仕事中・・・少し我慢をされていたということで・・・
”聖水”は女神様の体内で熟成され・・・少し、濃い味でした。
エキスがたっぷり・・・と頭では理解しているのですが・・・
未熟な私は・・・喉を通らず・・・全部、頂くことが出来ません (T_T)
”敗北感”いっぱいで・・・舌で後始末をさせて頂きました。                       
                   


   20060417230037.jpg   20060417230151.jpg

私にとって・・・”聖水”を頂くことは・・・
「排泄物(一般的には”汚い”もの)・・・を頂くことで、女神様から
徹底的に”支配”されている」・・・そんな感覚を味わうことが出来ます。
 
その”被虐感”が大好きです。。。 


                                                                                            ★「足を綺麗にして・・・♪」
土下座した私の顔の前に・・・女神様の美しい”おみ足”が・・・
昨日から、洗っておられないので・・・香ばしい”匂い”(^^)
足指の間に舌を這わせると・・・
汗のしょっぱい”味”とザラザラとした垢と汚れの”味”・・・♪
時間をかけて、一本一本、丁寧に口に含み・・・綺麗にさせて頂きました。    


    20060417230353.jpg    20060417230421.jpg

その後、私を「足台」にしてテレビを楽しまれたのです♪ 楽しそうでしたぁ(^^)                          (喜んで頂けて・・・よかった・・・よかった・・・♪ と嬉しいシロなのでしたぁ!)                                             


                                     つづく                                                                                



”女性崇拝”の目覚め

・・・28才の時、「SMクラブ」に行った時のこと・・・。
一応Mの”端くれ”であった私は(^^)・・・「Mコース」を選択。。。
25才の清楚な感じの細身の・・・K女王様にプレイをお願いすることに                                                        しました。K女王様とはフィーリングが合って、常連となり・・・半年程経った                頃でしょうか?
「一度、鞭を思い切り打ってみたいんだよなぁ・・・♪」
本格的な「M専クラブ」ではないため・・・
Sっ気の強いK女王様は、常々、物足りない思いをされていたのでしょうか?
「私でよければ・・・いいですよ!」
無知とは・・・恐ろしいものです・・・ね(^^;


2週間後、クラブに行ったら・・・”乗馬鞭”が用意されていました。
まずは、全裸に首輪だけの姿で・・・ソファーに座られているK女王様の                                                                   足下に跪き・・・ピンヒールにキスの”ご挨拶”をしました。
「お尻を向けて!」
テーブルの上に置いてあった・・・”乗馬鞭”を手に・・・一言!
「はい!」 緊張が走ります。
「頑張ったら・・・今日は、いっぱい顔の上に座ってあげるからね♪」
「はい! お願いします。」
私が返答し終わるや否や・・・
”ビシッ!” 
お尻に強烈な痛みが走りました!
「痛っ!」 
「アツッ」
「グッ!」
鞭に慣れていない私は・・・声を押し殺すことが出来ません。
「ありがとうございます・・・って言うのよ♪」
「はい・・・グッ(痛)・・・ありがとうございます。」
10発を超えた頃から・・・無意識にお尻をよじって逃げようと・・体が動きます。
「動かない! 叩きにくいじゃない!」
ピンヒールで頭を押さえつけられました。。。
30~40発を超えた頃から・・涙が溢れ・・限界が近づいてきたのを感じました。
「もっと、お尻を上げて!」
「頑張るって言ったんじゃ、ないの・・・?」
「・・・ごめんなさい・・・・すみません・・・」
・・・意味不明の言葉を呟くことしかできません・・・。                         
さらに・・・鞭打ちは・・・続きました・・・。


何発打たれたのか・・・時間の経過も・・・何も分かりません・・・。
しかし・・・「・・・ありがとうございます・・・」の言葉を繰り返している            うちに・・・ほんとうに、感謝の気持ち”が芽生えてきたのです・・・!
人間の脳は、過度の痛み・苦しみを感じたときに、それを和らげようとして
エンドルフィン(脳内麻薬)を出し・・・陶酔感を生み出すそうです。
一種の”洗脳”のような状態になっていたのかも知れません。
打たれて・・・啜り泣きながら・・・
私は、K女王様から徹底的に”支配”されている”感覚”・・・
まさに・・・”命・存在”そのものを支配されている”被虐感”を味わい始めました。


  「美しい女性が・・・男を支配するのは、当然」
見苦しい格好で・・・床を這いずりまわっている醜い自分に対し・・・
仰ぎ見るK女王様の優美で美しい・・・”お体”
白く美しくキメ細やかな・・・”お肌”
笑顔で鞭を振るう時の”神々しい”ばかりの・・・”お姿”
K女王様に対する”畏怖、畏敬、崇拝”の念は・・・
いつしか「女性」そのものに対する”崇拝”の念へと・・・”昇華”してゆきました。


「・・・もう少しにしてあげるからね・・・頑張れ♪」
K女王様が、時折かけて下さる・・・”優しい”お言葉は、
まさに・・・”女神”の言葉のように私には感じられました・・・・・。
「血がにじんできたね♪・・・もう少し頑張れる?」
「・・・はい、女神様・・・」
自然に”女神様”という言葉が口をついて出てきました。
「・・・じゃ、ラスト10発ね♪」
「・・・はい・・・」


鞭が終わりました。
鏡で見ると・・・無残な状態・・・。 
特に、左尻タブの皮膚が破れ、血がにじんでいました。
「頑張ったね♪」
女神様は、美しい太腿に私の汚いアゴを乗せることを許して下さり・・・
優しく頭を撫でて下さいました♪                                      
・・・・・鞭が終わった”安堵感”
・・・・・最後まで頑張れた”誇らしげな気持ち”
・・・・・褒めてもらえた”感激”
・・・・・絶対的な支配者に包まれた”安らぎ”
・・・・・女神様に楽しんでもらえた”喜び”
様々な感情に、精神が揺り動かされていました。


女性に支配される”悦び”・・・を知った瞬間でした。



Y女神様・・・(番外編)

あぁ・・・忙しい・・・忙しい・・・!  やっぱ、期末は忙しいですわぁ(><)                             それに・・・花粉も激しい(хх) ”匂い”フェチのシロにとっては・・・鼻が利かないのが、    何より辛い!


ところで! もしかしたら・・・Y女神様と、4月10日頃にお会いできるかも~!                   嬉しいよぉー\(^▽^)/                                                 ・・・という訳で・・・やっぱ、女神様とのプレイの数々を・・・ご紹介(^^)                                                                               まぁ・・・笑ってやって下さいm(__)m         


●ご挨拶(^^)
 シャワーを浴びて、
1回目の聖水を頂いた後、ご挨拶として足指を・・・                              クンクンさせて頂きました。
”匂い付け”のため、直前までブーツを履いて下さっているのですよぉ ヘ(>ロ<)ノ                         ・・・このつま先がいい”匂い”なんですよ(#^.^#)  
  女神様と会話しながら・・・の”ひととき”(^^)  幸せです。。。
        20060402003538.jpg
                                                                 まぁ、「嵐の前の静けさ・・・」っていう噂もあるけど・・・(笑)     
      
この後、ストッキングを脱いで頂き・・・生足を、クンクン♪                                  そして、ペロペロ(^^)  ポイントは、ペロペロするのは、片方の足だけ!  
両足ペロペロすると・・・後でクンクンするところが、なくなっちゃう・・・(хх)                     偉いだろぉ!!
初心者のフェチの方は、よーく覚えておくように・・・(笑)                                   
でも、後のお楽しみ・・・で置いといて、よくペロペロし忘れちゃうんだよなぁ(>y<)
   
●尻尾を生やした(?)シロ
 
シュークリームが終わって・・・顔を洗って戻った直後のこと・・・                          突然、女神様のご命令!
「・・・四つん這いになって、お尻を向けて!」  「もっと、足開いて!」
言われるままの姿勢を取ってると・・・
「ソーセージ入れるね♪」
「はい」
・・・・というのが、、、この画像です。
女神様のお尻と違って・・・汚いお尻で・・・すみませんm(__)m      
        20060402003650.jpg

 突然・・・いたずらっぽく、このようなプレイをされるのが、女神様の”魅力”(^^)     
Mモードが炸裂して・・・”何でも言うこと聞きます♪” 状態になってしまう(^○^)                  
「自分で抜いてみて♪」
「はい」
・・・そろそろ・・・と抜いていくところを・・・パチリ!
      
 ソーセージを入れられる瞬間は、、、ドキドキ。。。
でも・・・”おもちゃ”にされてる被虐感の方が強くて・・・興奮 f^_^;  
 
Mですなぁ ┐(´-`)┌


・・・・また、楽しんで頂けるように・・・頑張らなくっちゃ \(^▽^)


                                                        





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。