FC2ブログ
”匂いフェチ”の館
女性崇拝+”匂い・分泌物フェチ”


プロフィール

シロ

Author:シロ
”匂いフェチ”の館 にお越し頂きましてありがとうございます。このブログは、美しい女性を崇拝し、その芳しい”匂い”に魅せられ、女性の「忠犬」「舐め犬」として生きることを渇望している私「シロ」の夢想的ブログです。性的描写がありますので、18歳未満の未成年の方はご遠慮願います。よろしくお願いいたしますm(__)m



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



★一覧で見れますよぉ★

☆いろいろあるからぜひ見てね☆

全ての記事を表示する

   ↑ これをクリック♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カミングアウト(3)

一方、日本においてOWKに類するサークルを私は知らない。                                         むろん、私が知らないだけで、どこかに存在しているのかも知れないが・・・。                             もし、そうであれば、どなたか情報提供お願いしたいものである。                                                                      ただ、最近、少しおもしろいと感じるクラブ(サロン?)を発見した。
もちろんOWKとまではいかないが・・・なかなかユニークではある。
昨年末、12月初旬に店の存在を知り、年末に2度、足を運んだ。                                          こじんまりとしたスナックのような店内。                                                     変態同士の奇妙な連帯感を感じる。                                                        初回訪問時から・・・首輪と尻尾を持参し、「犬」になりきっていた。                       店内の女王様方が、自然に受け入れて下さったのが嬉しかった♪                                           
                 


[READ MORE...]
スポンサーサイト
[PR]


カミングアウト(2)

「”変態”だってカミングアウトしたい!」                                                      日常は、生活の糧を得るためにも演技は必要。常識人の仮面を被り日々を過ごす。
しかし、満たされぬ思いはストレスとなって蓄積してゆく。
偽りの仮面を脱ぎ捨て、本来の自分に戻りたい!
「女性様の舐め犬、否、いつかは人間便器としても奉仕したい。」                                           もちろん、生活の基盤である日常を捨て去ってまでカミングアウトする勇気はない。
また、人並みの理性は持ち合わせている。犯罪行為もお断りである。                                        


さて、海外には、OWKという「女権帝国」を模したサークル(?)があるようです。 20070109222029.jpg    owktoire.jpg
そこでは女性様が「主」として君臨し、男は、OWKの敷地に入った時点で、人権が
剥奪され、犬、馬、豚、、モノ、奴隷として扱われる。
男は、女性様の椅子・机、乗り物そして便器となり、意のままに縛られ、鞭打たれる。
     owk19-0252x43.jpg            owk19-aa96x34.jpg
OWKの詳細なシステムは知らないが、私のような性癖の男にとってのカミングアウト願望                        の一助にはなっているのであろうと思われる。
もちろん、OWKは本格的なS女様用のサークルであり、私のような軟弱なフェチMは入り                       こめる余地のないことは、重々承知している。                                                  しかし、首輪を嵌め、尻尾を付けて複数の女性様から、「犬」と認知されて生きる                                ことが出来る世界が、そこには確かにある。



カミングアウト(1)

カミングアウト:自分が、社会的少数派の考え方、立場、思想であることを自ら告白すること。


2~3年前であったか?大阪府議のある女性議員が「自分がレズビアンである」ことを公表した。           セクシュアルマイノリティー(ゲイ、レズ、バイ、性同一性障害)のカミングアウトとして物議をかもし                       出した事例である。                                                                    「好きなものは”好き”と言いたい」という女性議員の勇気に感銘を受けた。                                                                           


一方、我が身を振り返って・・・「女性崇拝」「舐め犬願望」                                     これも、まぁ、「セクシュアルマイノリティー」と言えば・・・言えなくもない???(^^;                     かと言って・・・では、俺もカミングアウトするか!  という気には到底なれない。                          「私は、裸に尻尾を付けて、女性様の足元に平伏し、足指を舐めるのが好きです。」                                                 なんと言うか? 「変態度」のレベルが違うというか・・・(苦笑)                                       ほとんど「人格崩壊」の「狂人」である(笑)                                                     文豪谷崎は、この「狂人」の心理を超一級品の文学に昇華させることに成功したが、悲しい          かな、私にそんな力量はない。                                                               「性」そのものに本質的に起因する場合には、「セクシュアルマイノリティー」として議論される             土壌になりつつあるが、それから外れる私のようなケースの場合は、単に ”変態” としてカミング                           アウトするのもはばかられるというのが現状である。                                                                                                   


何が言いたいか??? 要は・・・ ”変態” も、たまにはカミングアウトしたいということ。                   通常の社会生活を営み、仕事も頑張る、人付き合いもよい・・・しかし一方で、                 「自分を隠さずに生きる」瞬間も欲しい。                                         「犬」として女性様に仕える瞬間も欲しい。                                                             これが偽らざる心境である。                          


                          





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。