FC2ブログ
”匂いフェチ”の館
女性崇拝+”匂い・分泌物フェチ”


プロフィール

シロ

Author:シロ
”匂いフェチ”の館 にお越し頂きましてありがとうございます。このブログは、美しい女性を崇拝し、その芳しい”匂い”に魅せられ、女性の「忠犬」「舐め犬」として生きることを渇望している私「シロ」の夢想的ブログです。性的描写がありますので、18歳未満の未成年の方はご遠慮願います。よろしくお願いいたしますm(__)m



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



★一覧で見れますよぉ★

☆いろいろあるからぜひ見てね☆

全ての記事を表示する

   ↑ これをクリック♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妄想(奴隷―犬) (完)

「ベッドに行きなさい。」                                                                         「はい。」                                                                                   移動しようとするも「顔面騎乗椅子」の直後のこと                                                        足が痺れて、うまく歩けない。                                                                          ヨタヨタしていると・・・笑いながら仰られる。                                                            「丁度いいから、犬のように四つん這いで行きなさい!」                                                   四つん這いでフラフラ歩く。                                                                      リードを手に持ちながら、お尻を乗馬鞭で追い立てる。                                                      「待て!」                                                                              突然、一言、命令が飛ぶ。                                                                     私の両の手の甲の上に立ちリードを手繰り寄せながら                                                                     乗馬鞭で顎を軽く叩く。                                                                             上を向け! という合図だ。                                                                        目と目が合う。                                                                           視線が合うのは失礼かと・・・思わず目をそらす。                                                      「しっかりと目をみなさい!」                                                                          お叱りを受けるのか?                                                                           何か粗相があったのか?                                                                      不安が頭をよぎる。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

妄想(奴隷―犬) (3)

 腕に力が入らない。 肉体的限界。 もうダメだ・・・・・。                                           と観念した瞬間、S女様がシャンパンを注ぎに立ち上がった。                                        「シロ、おまえも喉乾いただろ?」                                                      そう仰られ、シャンパンを口に含むと、私の口に垂らして下さった。                                              

「飴と鞭」  気まぐれな意思に心が翻弄される。                                                S女様の唾液の混じった特製シャンパン!                                                  目を瞑って味わう。

「大きく口を開けて上を向く!」                                                          突然のご命令。                                                                   意図が把握出来ないまま、ともかく、その姿勢を取る。                                           親鳥からの餌を待つ小鳥のように大きく口を開けた私を満足気に眺めると                                 髪を掴み、頭を引き寄せ、私の口にぴったりと自らの秘部をあてがわれようとする。                         放尿されようとしているのだ!                                                           意図を察知し、私は、S女様が口中に出しやすいように                                           また、溢さず受け止めれるように、                                                          体をさらに小さく屈めて                                                                その瞬間を待った。


[READ MORE...]

妄想(奴隷―犬) (2)
 「早く舐めなさい!」                                                                   お叱りの言葉が飛ぶ!                                                                 感激に浸っている場合ではない。 しっかりと、自分の役目を果たさなくては・・・。                              舌奉仕を開始した。                                                              花弁全体を優しく円を描くように唇で愛撫した。                                                 唇の愛撫から、舌先の愛撫に切り替え、クリトリスに舌先が触れた時には                             蜜壺は愛液で溢れていた。                                                               溢れ出す愛液を舌で掬いながら、優しくクリトリスの愛撫を続けた。                                     小一時間程、奉仕が続いた。                                                         「喉が渇いた。シロ、飲み物持ってきなさい!」                                                     ようやく、後ろ手の拘束を解かれシャンパンを取る。                                               ベッドに戻ろうとすると・・・すぐ後ろにS女様がおられた。                                           一言! 「椅子!」                                                                  「はい。」  四つん這いになる。                                                            「違う! 椅子!」                                                                「・・・?・・・あっ!」                                                             慌てて、正座をして後手を付き、顎を引き顔を上に向ける。                                         S女様は満足したお顔。                                                            「座り心地いいかなぁ?」                                                             唇をなぞりながら無邪気に仰られる。                                                    まるで、家具屋で愛用の椅子を選んでいるみたいだ・・・と思いつつ                                     無性に誇らしい気持ちが湧き起こってくる。                                                   座り心地よくなって頂こうと・・・さらに顔を上げた。
[READ MORE...]

妄想(奴隷―犬) (1)

「私の中には、私でさえ分からない深い闇がある。付いてこれるの?」                             S女様は毅然とした態度で私の目を見て仰られた。                                             「はい。」                                                                          「どれ程過酷であるか? 私にも分からない・・・。本当に?」                                     私は、一瞬言葉を飲み込んだ。                                                       奴隷になる・・・犬になる・・・要は、この目の前の女性の前では人間を捨てるということだ。                          私も経験が決して浅い方ではない。SMといっても、過酷な奴隷の例は実在する。                       S女様の闇の深さは、今は分からない。                                                   本当に自分はこの方の深い闇を受け止められるのか?                                         S女様と目が合った。                                                                刹那の逡巡の後、きっぱりと返事をした。                                                  「はい。 よろしくお願い致します。」                                                           やはり、この方を失うことは、どんな苦痛よりも大きいことだと悟ったからだ。                                 私は、全てを捨てる覚悟で、S女様による「絶対的な支配」の道を選んだ。


[READ MORE...]

妄想(聖水調教2)

また舌が止まる。
”ビシッ”
お尻に鞭が飛ぶ。
「全部、飲めるまで・・・鞭打ちね♪」
四つん這いで顔をボウルに突っ込んだ状態で・・・お尻に鞭を受ける。
少しずつ舌で掬っては・・・飲む。
その間に、的確に鞭が左右の尻に打ちこまれる。
「ほら、真っ赤になってきたよ♪」
痛みのあまり・・・お尻をよじって逃れようとする。
「逃げない! 今度逃げると、私の犬にはなりたくないと判断するからね。」
きつい口調である。思わず、顔色を伺った。
目が怒っている。
野良犬になるのは嫌である。
必死に首を横に振って、意思表示をする。
「お尻を突き出しなさい。」
土下座にお尻を突き出したような姿勢を取る。
「もう少しじゃないの・・・頑張れ!」
その言葉の間に、4発もの鞭が打ち下ろされた。
”ビシッ・・・ビシッ”
短い間隔で、的確に鞭打ちは続く。
迷っている場合ではない。
なんとしても、飲まなくては。
舌のピッチを上げて、飲む速度を早めた。
・・・峠を越えたのか?・・・必死のせいか?
理由は分からないが、少し、飲むのが楽になってきた。
その勢いで、一気に飲み干した。
鞭打ちを続けていたS様が、ボウルが綺麗になったことに気づいた。
「出来るじゃない。」                                                                   まだ、ボウルに顔を埋めている私の頭を優しく撫でながら仰った。
「こっちにおいで♪」
首輪を引かれ、テーブルに戻った。
「おすわり!」
S様の足下でおすわりをする。
ティッシュで・・・聖水でビショビショの顔を拭いて下さった。
「頑張ったね。早く直に飲めるようになろうね♪」
頭を撫でて下さった。                                                                         優しい目が嬉しい。
「ワン♪」                                                                  この方に、精一杯ついていこう・・・。

精一杯、尻尾を振って甘えた。               ツヅク



妄想(聖水調教1)
食べ終わって、喉が乾いた。「何か飲み物を・・・」と、S様を見上げた。
「喉が渇いたの?]
首を縦に振った。
「おいで♪」
手にサラダ用の陶器製の大きなボウルを持って立ち上がったS様の後を、
四つん這いで付いていった。
ソファーの傍にペット用の吸水シートを敷いて・・・一言。
「おすわり!」
言われた通り、シートの傍でおすわりをした。
S様は、シートの上に立て膝を着いて・・・ワンピースを少し、捲くり上げた。
そして、ボウルを股間に当て、零さないように”放尿”を始めた。
S様の体を通過した聖なる水を頂けるという悦びと感謝の気持ちで、
ボウルに溜まってゆく”聖水”を見つめた。
ボウルをシートの上に置いた。
大き目のボウルに8分目なので、かなりの量の聖水である。
「待て!」
手で制して・・・私の目をジッと見た・・・一瞬の間。
「よし!」
「ワン」
私は顔をボウルに近づけ、舌を使って聖水を飲み始めた。


[READ MORE...]

妄想(食事-咀嚼)
「食事にしましょう♪」
「ワン」
S様は、テーブルに食事の用意を始めた。
ご飯、おかず、フルーツ・・・が並べられてゆく。
「ワンちゃんは床の上で皿で食べるのよ。おすわり♪」
私は命じられたとおり、床でおすわりの姿勢をとった。
・・・食事が始まった。
S様は、私の存在を全く忘れたかのように、テレビを見ながら食事を楽しまれている。
私は、足下でS様の足指を口に含んで遊ぶことを許された。
たまに・・・気まぐれに・・・足先で頭を撫でて頂けるのが心地よい。
おいしそうな匂いが部屋中に充満してきた。
しかし、ペットの食事は飼い主様の食後と決まっている。
空腹で我慢が出来ない。
ついに、私はS様を見上げ、哀願するように鳴いた。
「シロ、お皿を持ってきなさい。」
「ワン」
四つん這いで台所まで行き、床に置いてあるプラスチック製の皿を咥えて戻る。
S様に手渡す。
「手は使わないで食べるのよ。」
そう言うと、残った白米を口に入れるとモグモグと咀嚼、柔らかくなったものを
プラスチックの皿に吐き出した。
「ワンちゃんは、味が濃いのはダメなんだよね♪」
肉等のおかずもよく噛んで、味が吸い取られてぐちゃぐちゃにされていく。
S様の口中で咀嚼され、唾と混じってドロドロになったおかずが、先程の柔らかく
なっお粥状態の白米の上に吐き出された。
「食べなさい♪」
お皿が目の前に置かれた。
「ワン」
精一杯尻尾を振って、感謝の気持ちを表した。             ツヅク


妄想(失態!)

花弁に鼻を付け、クンクンと匂いを嗅いでいると鼻がネットリと濡れてくるのが分かった。
私は、その蜜の誘惑に耐え切れずに・・・思わず、花弁に舌を這わせてしまった。
にじみ出すような愛液、分泌物を舐めとり、クリトリスにキスをした。
突然、背中に乗馬鞭が叩き込まれた。
「だれが、もう舐めてもいいて言ったの?」
掴んでいた髪の毛を引っ張り上げ、顔を上に向かせてじっと目を合わせて仰った。
優しい口調ではあるが、悪戯をした犬に対するのと同じ・・・断固とした口調であった。
「悪戯をすると、痛い目に会うことを教えておいた方がいいみたいね♪」 
・・・そう言いながら、S様は土下座を命じ、リードの首の付け根の部分を脚で踏みつけた。                顔が床に固定された形になる。
「お尻を上げて。」
必然的に、私は床を舐めるように顔を伏せ、お尻を高く上げるという無様な格好を
強いられることになる。                                                                        
その姿のままで、お尻への鞭打ちが始まった。
「痛い!」
強烈な痛みに思わず声が出た。
痛みから逃れようにも・・・リードを脚で踏まれているため、逃れようもない。
「犬が、痛いとか言うの?」
「・・・ワン・・・」
ワンワン吠えながら鞭打ちに耐えた。
”良い犬だと褒めてもらいたい” ”頑張るぞ!” と心に誓っていた矢先の
失態に、自分で自分が情けなくなってくる。
お尻がジンジンとした熱を持ち始めた頃、鞭打ちが終わった。


S様は、私を正座させて、鞭で私のあごを上げ、強引に目を合わせるようにした。
断固とした態度で、私の意志を屈服させる一方で、優しい口調で諭し始めた。
一番重要なことは、飼い主の満足であること。勝手な言動は許されないこと。
躾は最初が肝心。厳しくすることで体で覚える必要がある・・・等々。
申し訳ない思いと諭して下さる感謝の気持ちが交錯した。涙が出てきた。   ツヅク



妄想(匂い調教)

室内をグルグル散歩して・・・ソファーに戻った。
「おすわり」
正座をして腕(前足)をついて、おすわりの姿勢をとった。
「手はグーの形にしておきなさい。」
慌てて、手をグーの形にする。
「初めてにしては散歩、上手だったわよ。」
S様に褒められて、胸が熱くなった。少し、誇らしい気持ちになった。
「犬は、飼い主の”匂い”を覚えないとね。」
・・・そう言いながら立ち上がり、パンティをするすると脱ぎ始めた。
そして、リードを引きよせて、たくし上げたワンピースの股間に私の顔を引き込んだ。
「手は床に着いたまま!」
「ワン」
しっかりと床から手が離れないように、体と首を伸ばす。
S様は、右手で私の髪の毛を掴み、自らの女性の部分に引き寄せた。
「しっかりと”匂い”を覚えなさい。」
私の鼻は、強く恥毛に押し当てられた。
S様の女性の部分の”匂い”は、芳しく、濃厚であった。
本当の犬のように、”匂い”だけでも飼い主を判別できるようになりたい。
私は、息を吐くのももどかしい思いで、深呼吸を繰り返し、
”匂い”を脳裏に刻み込もうとした。                                                              
S様の女性の部分は、汗、おしっこ、愛液そして女性特有の分泌物の匂い
が混ざり合い、素晴らしい”芳香”を放っていた。
恥毛の匂いを嗅ぎ・・・少し首を傾けて花弁の匂いを頂こうとした。
S様は、意図を汲み取って下さり、片足をソファーに上げ、私が匂いを
嗅ぎやすいように協力して下さった。
花弁の匂いは、脳髄が痺れるほど、刺激的な芳香であった。
”この匂いは、麻薬と同じだ” 脳髄が蕩け、思考力がなくなっていくのが分かる。                                        
S様のためなら何でも受け入れたい・・・そんな気持ちが湧いてくる。        ツヅク



妄想(犬の散歩)

「私のペットになりたいのでしょ?」
興奮で放心した私は、すぐに答えることが出来なかった。                                                     しかし、鞭で背中を軽くたたかれた瞬間、私は自分の地位をはっきりと自覚した。
「犬になりたいんでしょ?」
「はい」
「従順な犬になれるの?」
「はい」
「犬は言葉が話せないでしょ♪」
少し強い口調で注意され、お尻に鞭が飛んだ。
「ワン」と吠えた。
「ワンちゃんには、尻尾があるよね♪」
S様は、”尻尾”を取り出した。
”尻尾”は、プラスチック製のプラグの底部に、犬のような白い毛が付いていた。
それを、あらかじめ浣腸を済ませた私のアナルに装着した。
「これからは、嬉しいときは尻尾を振るんだよ。」
「ワン」
私は精一杯腰を振って、”尻尾”を揺らし、感謝の気持ちを表現した。


「首輪にリードも着けないと・・・。」
首輪に鎖を付け・・・「散歩の練習。付いといで!」
リードを引っ張ったS様の後ろを四つん這いで這った。
居間をグルリと廻って、廊下に出て、玄関でUターン。
フローリングの上は、膝が痛くなるが・・・なにより這うたびに揺れて
太腿を擽る”尻尾”が心地よい。
本当の犬になった気分で、ウキウキしてくる。
本当の犬が飼い主と散歩する時の気分って・・・たぶん、こんな気分なん
だろうなぁと思ってしまう。
S様を決して追い越さない・引っ張らないこと、歩行を中断すると
足下でおすわりすること、お尻への鞭の連打が、早歩きのサインで
あること等を教えて頂いた。                                                   鞭でピンヒールをコンコンと叩くことが、S様のピンヒールへの奉仕の合図                                      であることも仕込まれた。                                                         
「これからワンちゃんとしての生活をいろいろと教えてあげるね♪」                               楽しそうに微笑むS様を見上げて、私は満たされていた。          ツヅク                                   



☆★☆妄想☆★☆

プライベートのゴタゴタがようやく幕を閉じつつある。オフクロも退院したし・・・。                                  しかし、一時はどうなることかと。 変態の道に走った・・・親不孝の天罰か!                                        「おかあちゃん、変態の息子を許してね!」                                                     しかし、「喉元過ぎれば、熱さを忘れる」 退院したとたん変態のムシが騒ぎ出す。                                 私から、”フェチ”と”M”を取ったら・・・何が残る”  ヒラキナオリ                                               何はともあれ、長期出張もあるし、ここのところプレイをする気力がなかった・・・。
しかし、プレイがないと、「妄想」で本当の自分を支えようとする。                                   布団に入ると・・・「妄想」の嵐ですわぁ(笑)                                                      では、「変態M犬願望男」はどんな「妄想」をしているのでしょうか?
興味あるでしょう? ・・・んな訳ないかぁ。。。
まぁ、興味があれば・・・読んでやって下さいm(__)m 


・・・ハジマリ・・・ハジマリ・・・・・♪                                                               シチュは、ブログで知り合った女性様から「M犬調教」を受けるという設定。
場所は、信じられないことにS女性様のご自宅。 ありえねぇよなぁ~!                                       まぁ、願望なので許して!
M犬を求めているS女性様の「お好みの犬になるよう」調教を受けるという・・・有り難~い設定(^^;
現実に起こらんかなぁ(笑)
ヒロインは、とりあえず・・・「S様」とします。                            


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                                                                                                                          「ワンちゃんはご主人様の言うとうりにするのよ」
女性の犬になりたいという私の願望を聞いて、着衣のままソファーに座られているS様は
目を輝かせて仰った。
全裸で土下座している私の頭に両脚を載せながら、机の上の犬の首輪を取り上げた。
私は首輪を見つめた。首輪には「シロ」の名前が書かかれている。
「ワンちゃんには首輪を付けないとね・・・首を出して!」
美しい脚を床に降ろしながら、S様が命令を下された。
首輪が巻き付けられる瞬間、切ないような感情が体を支配した。
装着が終わると、悦びと興奮で胸がいっぱいになる。。
私の精神はコントロールを失い、完全に、S様の手に握られていた。             ツヅク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。